本ページはプロモーションが含まれています

【熱中症対策】真夏も快適!ツーリングの3種の神器

【熱中症対策】真夏も快適!ツーリングの3種の神器

夏のツーリングは暑いけどバイクに乗りたい!そんなあなたに快適なツーリングと熱中症対策を叶えるアイテムをご紹介します。

スポンサーリンク

夏のツーリングは好きですか?

空が高くモクモクした雲やキラキラした海、山に入ると涼しい風がきもちいい。そんな魅力がたっぷりな夏のツーリング。

だが、夏はとにかく暑い。

季節を肌で感じられることがバイクの魅力のひとつ。でも、感じられすぎて夏と冬はどうも腰が重くなってしまいます。どうすれば夏でも快適にバイクに乗ることができるか。

夏のツーリングは危険?

そして、忘れてはならないのが熱中症対策。

夏のツーリングは暑くても「そういうものだ」と走り続けてしまいがち。足がつる、汗が止まらなくなる、ボーッとする、これって実は危険信号。こまめに涼んだり水分補給をしないとカラダの熱が逃がせず、熱中症になってしまいます。

夏を制する3種の神器

快適ツーリングと熱中症対を兼ね備えた都合のいいアイテムはないものか。いろいろ試した結果、ついに答えを見つけました。これさえあれば夏も快適で安全にバイクを楽しめるはず!

吸汗速乾性の高い冷感ウェア

正式には接触冷感ウェアといい、肌との接触面から体温がウェア側に移るので着た瞬間はひんやり気持ちいい。そして、吸汗速乾性が高いので汗をかいても肌のべたつきを感じにくく、汗が気化する時に熱を奪ってくれるのです。

走行風が速乾の手助けをしてくれるので地肌より涼しく感じられるでしょう。さらに!UVカット率が高いウェアなら日焼け対策にもなるので、まさにバイクにぴったりなアイテムと言えます。

ジャケットを着用しても冷感ウェアの効果はありますが、通気性の良いメッシュジャケットの方が効果を強く感じることができます。

そんな冷感ウェアには様々な種類があります。

普段着のようなTシャツタイプ

オシャレなものが多く気軽に冷感ウェアを取り入れられるけど、肌との接触面が少ないので効果はイマイチ。

接触冷感Tシャツ
created by Rinker

服の中に着る長袖インナータイプ

Tシャツの下に着れば上半身全体を冷やしてくれるし、腕の日焼け予防も可能。ただ、ピッタリした着心地は好き嫌いが分かれるかも。

接触冷感インナー 長袖
created by Rinker

腕を守るアームカバータイプ

邪魔になればすぐに脱げるのでとても便利。サイズが合っていなかったり長く使っているとズレることがある。ブランドにこだわった方がストレスフリーです。

キジマ K3 アームスリーブ
created by Rinker

首を冷やすMAGICOOL

カラダを冷やすには首周りを冷やすのが一番!ってことで強制的に冷やしてくれるのがこのアイテム。名前はネタっぽいけど効果は伊達じゃないアイテム。

大作商事 MAGICOOL ネッククーラー
created by Rinker

使い方は簡単、水に浸けた後に軽く絞って首に巻くだけ!中に入ったポリマーが吸水し、徐々に気化することで20時間も冷やし続けてくれます。そして、繰り返し使えるので経済的。18年のロングセラーで防衛省や厚生労働省にも採用された実績があるので安心して使用できますね。

カラーやサイズ展開も豊富なのでお気に入りのMAGICOOLが見つかるかも。

装着方法がマジックテープなのでバイクだと外れるのが心配。私たちは冷感タオルを上から巻いて使用しています。

コンパクトなクーラーバッグ

それでも熱いならカラダの中から冷やす!ってことでクーラーバッグを準備しています。事前に凍らせたペットボトル飲料を入れておけば、保冷剤にもなるし、溶ければ飲むこともできます。キンキンに冷えた飲み物はサイコーですよ!

私たちはお土産なども買いがちなので大きなバッグを使っていますが、日帰りツーリングなら3Lでいいのでこれが欲しい。

サーモス 保冷バッグ 3L
created by Rinker

保冷機能のある水筒もアリですが、出先で買った飲み物やお菓子、お土産を冷やしておけるのでクーラーバッグはとっても便利。タオルや先ほどご紹介したMAGICOOLを冷やしておくのもオススメです。

最後に -適度に涼んで夏も楽しもう-

最近、ベストシーズンと言われる春や秋の期間がどんどんと短くなっている気がします。今年もいつの間にか梅雨入りしてしまい、私はろくに走れませんでした。「梅雨が明けても暑い中を走りたくない」と思っている人は多いと思いますが、ご紹介した3種の神器と無理せず適度に涼みながら快適安全に夏を楽しみましょう!

涼むなら河で足をつけるのが手っ取り早い。カラダも冷えて休憩にもなるので一石二鳥!

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました