本ページはプロモーションが含まれています

カメラバッグは不正解!?ツーリング × カメラならHenlyBegins(ヘンリービギンズ) 2WAYシートバッグ DH-751 がオススメ!

カメラバッグは不正解!?ツーリング × カメラならHenlyBegins(ヘンリービギンズ) 2WAYシートバッグ DH-751 がオススメ!

フォトライダーの悩みを解決するアイテムをご紹介します。

・カメラを安全に持ち歩きたい
・持ち歩きが楽で使い勝手が良い
・バイクへの積み下ろしが苦にならない

この条件をすべて満たすバッグが見つかりました!

スポンサーリンク

ツーリングで活躍するカメラバッグとは

ツーリング中にステキな風景に出会うと、ついつい写真を撮りたくなりますよね。
一眼カメラを持ち出して、ツーリングしながら撮影している人も多いのではないでしょうか。

バイクはいい被写体にもなるので、ツーリングとカメラの相性はバツグン!
でも、カメラが趣味になってくると、機材も悩みも増えていきます。

フォトライダーの悩み

フォトライダーにはこんな悩みがあります。

フォトライダーの切実な悩み
  • カメラバッグを背負っていると肩が痛いし運転しづらい
  • カメラバッグはバイクに積載しづらい
  • バイクから簡単に積み下ろしできないのがおっくう

カメラもレンズも高価なので、安全に運ぶためにはカメラバッグが必要不可欠。
でも、ツーリングを楽しもうとするとカメラバッグが邪魔になることも。

バイクへ簡単に積むことができるカメラバッグはないものか・・・。
ずっと探し続けていましたが理想のバッグは見つからず、半ばあきらめていました。

カゲ太
カゲ太

このバッグに出会うまでは!!

このバッグがすべて解決してくれる!

バイクパーツメーカーDAYTONAのツーリングブランド、HenlyBeginsからバックパックにもなるシートバッグが発売されました。
その名は『2WAYシートバッグ』。

簡単にバイクから積み下ろしができ、背負うことができるので、とっても便利なんです!

HenlyBegins(ヘンリービギンズ) 2WAYシートバッグ
created by Rinker

ですが、これはカメラバッグではありません
でも、ちょっとした工夫で理想のカメラバッグになります

まずは、簡単に2WAYシートバッグをご紹介しましょう!

HenlyBegins(ヘンリービギンズ) 2WAYシートバッグ のレビュー

絶妙なサイズ感と型崩れしない丈夫さ

幅44×奥行30×高さ17cmのボックス型で、容量は1泊ツーリングにちょうどいい20L。
大きな開口部以外の5面には、厚さ3mmの樹脂プレートが埋め込まれているので、全体がカッチリしていて丈夫
荷物が少なくても型崩れせず、シートが細いバイクでもクタッとしません。

等間隔に縫い付けられたベルトやDカンはタフさを演出するだけではなく、アイデアひとつで様々な活用ができそう。
バッグに防水機能はありませんが、黒色の防水カバーが付属

シートに接する部分には、滑りにくい素材や前方へのズレを防ぐ工夫がされているので、急な動作でもズレを防ぎます。

背負えるシートバッグ

目玉機能はシートバッグとバックパックの2WAYで使えること。
収納されているショルダーベルトを取り出してDカンに接続すればあっという間にバックパックになります。
樹脂プレートのおかげで自立するのもいいですね。

バックパックのときに天面になる部分には、しっかりした持ち手が付いているので、ちょっとした移動ならショルダーベルトを取り出さなくても持ち歩けます。

シーンを選ばない2か所の開口部

シーンに応じて使い分けられる開口部はとっても便利。
裏側のメッシュポケットも荷物整理に活躍します。

暗いところでも見やすい赤の内張、型崩れや荷崩れ防止の2本の連結ベルトが有能すぎ。
大きな開口部の外側にもポケットが設置されていて、地図やパンフレットを入れておくのにちょうどいいサイズ。

バイクへの簡単・確実な取り付け

取付用ベルト「イージーリングベルト」は、簡単・確実・キレイにバイクへ取り付けることが可能です。

初めはしっくりくる位置を見つけるのに少々時間が必要ですが、2回目以降は簡単に取り付けられました。
イージーリングベルトをバイクに取り付けたままであれば30秒くらいで着脱できます。

バイクへの取付は4ステップで完了します!

2WAYシートバッグの取り付け方
  1. シート下にベルトを通す。
  2. シートバッグの赤い帯をシート末端に引っかけてバッグを置く。
  3. 4か所の樹脂製バックルをカチッと留める。
  4. 均等にベルトを縮めれば完了!

垂れ下がったベルトは面ファスナーでまとめることができるので、ベルトがプラプラせず見た目もスッキリ。

NUDA900Rの細いシートでもしっかり固定することができ、荷物の出し入れも問題なく行えます。
シートバッグを取り付けないときは、イージーリングベルトの樹脂製バッグルどうしを留めればスマートにまとめることができます。

気になる点

バックパックとしての性能は劣る

バックパックとしての快適感は期待できません
背中に当たる部分は平らで硬く、一部クッションが付いていますが申し訳程度です。

ノンスリップシートが悪さをする部分も

すべり止めの性能が高すぎるためか、ホコリが付着しやすく、手で払う程度では取れません。
そして一番心配なのは、セーターなどの起毛生地を使った服で背負ったときに毛玉ができそうなこと。

カラーはブラックのみ

これはワガママかもしれませんが、せっかくのミリタリーテイストなバッグなので、オリーブやタンなど別のカラーバリエーションも欲しかったな。
真っ黒なのでシートバック感がにじみ出ているのが残念ポイント。
アレンジのしがいがありますね。

理想のカメラバッグへの道

今回はここからがハイライト。
2WAYバッグは様々なメーカーから発売されていますが、このバッグを選んだ理由、オススメカスタムなど詳しくご紹介します。

ベースに選んだ理由

カメラバッグのベースに『DAYTONA 2WAYシートバッグ』を選んだ理由はこの4つ。

DAYTONA 2WAYシートバッグをベースに選んだ理由
  • 厚み3mmの樹脂製プレートの「丈夫さ」
  • カメラ用インナーケースがちょうど収まる「サイズ感」
  • 2か所の開口部とバイクへの脱着がしやすい「機能」
  • メーカーオプションのポーチなどを後付けできる「拡張性」

一般的なカメラバッグでも、自立しないものが多いので、省スペースに置くことができる『DAYTONA 2WAYシートバッグ』は荷物の多くなりがちなバイク乗りにはピッタリです。

中でも拡張性は他メーカーにない魅力的な部分。
肝となるのはバッグに等間隔で縫い付けられたベルト。

これはPALSウェビングといって、MOLLEシステムという規格に沿った寸法になっています。つまり、メーカーから販売されているポーチ以外にも、さまざまなアイテムが取り付けられるのです。

MOLLEシステムを利用すれば、簡単にカスタムができるので、自分好みのバッグを創り上げることができます
もちろん、理想のカメラバッグも創れます。

それでは、さっそく創造していきましょう。

まずはインナーケースでカメラバッグ化

まず準備したのはカメラ用インナーケース。
インナーケースがあれば、どんな鞄もカメラバッグになりますが、サイズが重要。

この2WAYシートバッグは絶妙な形状とサイズ感。
実際にバッグに入れてみると、もはやカメラバッグです。

いかがでしょうか。
ご覧のようにきれいに収まります。

黒いインナーケースのサイズは幅32×奥行28×高さ13cmオレンジは幅27×奥行14×高さ15cm
オレンジのインナーケースは、立てても寝かせても気持ちよく収まります。

チナミニ仙人
チナミニ仙人

ちなみに普段使用しているカメラバッグはWANDRDプロヴォーク 31。使い勝手がよくお気に入りなんじゃが、バイクにくくりつけるのは面倒じゃし、型崩れするので悩んでおった。

WANDRD ワンダード プロヴォーク 31 フォトグラフィー バンドル エーゲブルー PK31-BL-PB-3
created by Rinker

インナーケースは取り外すことができ、普通のバッグとしても使えるし、インナーケースだけを別のバッグで使うことも可能じゃぞ。上の写真のインナーケースがまさにこれじゃ!

WANDRD ワンダード エッセンシャルプラス カメラ キューブ ブラック CCEP-BK-1
created by Rinker

モールシステムでオリジナルカスタム

次に、MOLLE対応のポーチとカスタムパーツでカメラバッグをカスタムしていきましょう。

準備したのはスマホポーチ、ユーティリティーポーチ、ペットボトルホルダー、他カスタムパーツ。

MOLLE関連のアイテムは、ショッピングサイトで「MOLLEシステム」と検索すると、悩むほどの種類が見つかります。
もはや沼。

購入した商品の詳細はこちら→ <購入した商品一覧>

ポーチをバッグへ取り付けるには、ポーチについているストラップベルトを、バッグとポーチのウェビングへ交互に通していきます。

ストラップベルトがそれぞれのウェビングを通っているのが見えるでしょうか。
安価なポーチはストラップベルトがボタン式ではなくバックル式の場合もありますが、同じ要領で問題なく取り付けできます。

ただ、2WAYシートバッグのウェビングにそのままポーチを取り付けると、バックパックとして背負ったときにポーチの口が横向きになります。
このままでは使い勝手が悪いし、中のモノを落としかねません。

そこで、カスタムパーツの出番です。

ウェビングクリップ

ロック機構が付いたクリップで、ウェビングにしっかり固定でき、ワンタッチで取り外せるアイテムです。

使い方はクリップのロックを解除して開き、ベースをウェビングに通します。
あとはストラップベルトを挟んで、カチッと鳴るまでしっかり閉じれば完了。
念のため2つ使用しました。

ボトルホルダーも向きを変え取付完了。

脱落が不安な場合は、ポーチの上部にリングが取り付けられているので、カラビナなどを通しておくとよいでしょう。

グリムロック

いわゆるカラビナのようなもので、ボタンを押すことでパカッと開きます。
バッグへの取り付けは、スリットにウェビングを通すだけ。

帽子を吊るのに便利ですね。
ファスナーの取っ手を通しておけば、盗難抑止にもなります。

ウェブ ドミネーター

ウェビングに取り付けて、簡易な固定に使用します。
余ったベルトをまとめることも可能です。

ショルダーストラップの先端にウェブドミネーターを取り付け、ドミネーターを芯にクルクルと巻き取り、ゴムで結束。
これは便利かもしれない。

オリジナルカメラバッグ完成

最後にワンポイントとして、ポーチの面ファスナーにミリタリーパッチを貼ってみました。
今回はMIL-SPEC MONKEYというメーカーのワッペンを選びました。

お気に入りのワッペンに面ファスナー(オス)を貼り付けて自作するのもいいですね!

ウェビングは背面以外にも2か所あるので、三脚をバッグに固定することも可能。
ベルボンのトラベル三脚なら、バッグの中に入れることもできます。

これで長年の悩みを解消する、理想のカメラバッグが完成しました!
カメラを持ち出すのがおっくうな日もありましたが、バイクへの積み下ろしが簡単になったので、気軽にフォトツーリングに出かけることができます。

もちろん、カメラが趣味ではない人も、オリジナルカスタムを楽しんでみてはいかがでしょうか。

最後に

2WAYシートバッグをオススメできる人

・バイクへの取り付けを楽にしたい

・自分好みにカスタマイズしたい

・ミリタリーテイストが好き

2WAYシートバッグが向いていない人

・完全防水がいい

・バックパックとしての快適さがほしい

・メーカーが売っているカメラバッグを使いたい

総称 - アレンジが楽しい!1泊ツーリングに最適なバッグ –

型崩れしない丈夫さと程よいサイズ感は、シートバッグはもちろん、バックパックとしても使い勝手が良く、背負えるシートバッグとしての完成度が高いと感じました。

そして、デザインを兼ねたPALSウェビングは、いままでにありそうでなかった部分。
様々なポーチやカスタムパーツで、自分好みにアレンジを楽しむことができるのは、カスタム好きなバイク乗りにグッと刺さるポイントではないでしょうか。

残念なのは、バックパックとしての快適性アレンジの邪魔をするウェビングの方向
この辺りは、ベースがシートバッグということで、諦めざるを得ないポイントかもしれません。

HenlyBegins 2Wayシートバッグは日帰りや1泊ツーリングで活躍間違いなしの絶妙サイズのバッグでした。
型崩れしない樹脂プレートとバッグの厚さが17cmでカメラバッグのベースにも最適!

ぜひ、購入を検討してみてください。

ではまた!

購入した商品一覧

2WAYシートバッグ
絶妙なサイズと型崩れしないシートバッグはこちらです。

HenlyBegins(ヘンリービギンズ) 2WAYシートバッグ
created by Rinker

メーカーオプションが気になる方はこちら。

HenlyBegins(ヘンリービギンズ) シートバッグSYSTEM用 システムポーチ
created by Rinker

スマホポーチ
レンズキャップやクリーナー、バッテリーの収納用。

Azarxis スマホポーチ
created by Rinker

ユーティリティポーチ
モバイルバッテリーやケーブルの収納用。

Azarxis Molleポーチ EDCポーチ ユーティリティポーチ
created by Rinker

ペットボトルホルダー
購入した商品がなかったので似たものを見つけました。
簡易保温機能付きやポケット付きなどさまざまな種類があります。

ArcEnCiel 水筒ポーチ ペットボトル 550ml
created by Rinker

カスタムパーツ詰め合わせ
正規品より安かったのでお試しで購入しましたが、今のところ問題なく使えています。
ハズレを引いたようで、グリムロックの部品が1つ欠品して使えませんでした。

ウェブドミネーター Dリング ウェビングクリップ MOLLE対応 各4個セット
created by Rinker

ミリタリーパッチ
もっとミリタリー感のあるものもありますが、整備士なのでちょっとでも通ずるものをチョイス。

パッチ Death Mechanic 刺繍(SWAT)
created by Rinker

コメント

タイトルとURLをコピーしました