本ページはプロモーションが含まれています

【一元堂】で何だか懐かしい笠岡ラーメンを食す! in 岡山県津山市|絶品バイクめし

・「絶品めしを食べたい!」「ツーリングも楽しみたい!」という欲望を叶える、それが絶品バイクめし。
・おいしいご飯はもちろん、ツーリングやドライブに役立つスポットやルートをご紹介します。
・今回は岡山県津山市 一元堂。

スポンサーリンク

その欲望、叶えます

絶品バイクめしとは「絶品めしを食べたい!」「ツーリングも楽しみたい!」という欲望を叶える、カゲモトが考えた造語である。

ご当地グルメやB級グルメのランチを中心に、美味しいと感じたお店と、周辺にある気持ちいいルートや楽しいスポットをご紹介!

ラーツーやカフェツーでのランチ、テイクアウトを利用したピクニックツーなどジャンルを問わないプランをご提案します。

カゲ美
カゲ美

ご紹介するルートやスポットの一部は、ツーリングマップルを参考に探しています。
バイクライフには欠かせない、永遠のベストセラーです。

-「ツーリングマップル、なぜ買わないの?」オススメする3つの理由 –

今日の絶品グルメ

ライダーを魅了してやまないラーメンツーリング。
中でも、現地に足を運んで食べるご当地ラーメンは、ツーリングの目的にもなりバイクとの相性はバツグンです。

ただ、ラーメン屋さんの立地によっては、ツーリングがただの移動になってしまうことがあります。
ラーメンもツーリングも楽しむなら、ラーメン屋さん選びはけっこう大事。

本格的なご当地ラーメンが別の土地でも食べられるなら、行きやすい方を選べるのでうれしいですよね。

岡山県笠岡市のご当地ラーメン「笠岡ラーメン」なら、ツーリングスポットの多い津山市でも食べることができるんです。

一元堂

一元堂 外観

広い平面駐車場を囲むように色んなお店が建っていますが、カフェっぽいオシャレなたたずまいが目を引きます。

オープン前だったのでラーメン屋さんか少し不安になりました。

一元堂 店内

暖色の木とブラックアイアンを基調としたオシャレな店内。
食後にコーヒーを注文したくなりますが、ドリンクはビールとオレンジジュースのみです。

一元堂のメニュー

注文方法は食券スタイル。
食券機あるあるだと思いますが、初めて訪れるお店が食券スタイルだと、注文を焦ったり悩んだり後悔しがち。

一元堂 メニュー

スープは醤油 or 塩、チャーシューはかしわ(親鳥)or 豚 or 合い盛から選べます。

もちろんオススメは「笠岡ラーメン」のかしわ醤油中華蕎麦。

チナミニ仙人
チナミニ仙人

ちなみに、「かしわ」とは主に西日本で使われる方言で「鶏肉」のことじゃ。
もとは茶色い日本在来種を差す言葉じゃったが、今では鶏肉全般をかしわと呼ぶようになったのじゃ。

笠岡ラーメンとは

岡山県の南西部にある笠置市のご当地ラーメンで、戦前から養鶏と製麺が盛んだったことから誕生し、「鶏そば」、「鶏ラーメン」、「かしわラーメン」と呼ぶこともあります。

笠岡ラーメンは鶏ガラベースの醤油スープと煮鶏のチャーシューがトッピングされているのが特徴。
鶏ガラには親鳥を使用しているので、昔ながらの中華そばよりもあっさり。

笠岡ラーメンが認知されたのは、2009年に始まった「ラーメンのまち笠岡全国展開プロジェクト」で、2016年にはセブンイレブンでカップラーメンが発売されたことがありました。

今では笠岡市内だけでも30軒以上の店舗で笠岡ラーメンを食べることができます。

チナミニ仙人
チナミニ仙人

岡山県のご当地ラーメンには「岡山ラーメン」「トンカツラーメン」「新見いのししラーメン」などがある。
中でも岡山ラーメンは、笠岡ラーメンと同じ鶏ガラベースじゃが、ルーツが違うからまったくの別物じゃ。

特製かしわ醤油中華蕎麦ラーメン 1,050円

通常の「かしわ醤油中華蕎麦ラーメン」との違いは、トッピングで煮卵と焼きのり3枚、部位違いのチャーシュー?が追加されているところ。

メインのチャーシューを選ぶのに困ったので合い盛で注文しました。

一元堂 特製かしわ醤油中華蕎麦ラーメン

特製なのでトッピングが豪華ですが、The 中華蕎麦というビジュアル。
ちりばめられた色鮮やかなあられ?がかわいい。

見るからにあっさりしていそうなスープからは、とてもいい香りがします。

では、いただきます。

一元堂 特製かしわ醤油中華蕎麦ラーメンのストレート細麺

スープの味は王道の鶏ガラしょう油ラーメンだけど、しっかりとしたコクと旨味を感じます。

それもそのはず、親鳥から採った鶏ガラスープと利尻昆布と国産シイタケの出汁が深みを出しているようです。
かえしのしょう油は厳選濃口醤油を数種類もブレンドしているらしく、スープへのこだわりを感じます。

麺はストレートの細麺でやや硬めに茹でているので、最後まで歯ごたえが残っていました。

珍しいかしわチャーシューはコリコリと歯ごたえが良く、噛めば噛むほど旨味が口の中に広がります。
これが親鳥のポテンシャルか、とニンマリ。
豚チャーシューはジューシーだけどしつこくなく、スープにもピッタリの味付け。

煮卵の黄身は、溶けださないくらいのトロトロ感で絶妙な湯で加減。
穂先メンマは独特の臭みはなく、タケノコっぽさが残っています。
箸休めのネギもうれしい。

すべてのトッピングは主張しすぎないような味付けで、スープの引き立て役になっているところがとてもよかったです。
最後までおいしくいただけました。

全体的なボリュームは、気持ち少なめに感じたので、お腹がペコペコの時は大盛やサイドメニューを頼んだ方が良い感じです。

味玉かしわ潮蕎麦 950円

しょうゆを食べたら塩も食べたくなりますよね。

一元堂 味玉かしわ潮蕎麦

「かしわ醤油中華蕎麦ラーメン」との違いはかえしに塩が使われているところ。
もちろん、塩にもこだわっていて、瀬戸内産の塩と厳選した塩を数種類ブレンドして作っています。

透き通ったスープの見た目通り、透き通った味で雑味を感じさせません
優しいだけではなく鶏油や塩のかえしが深みを出しています。

醤油と潮。どちらを選んでも間違いない味でした。

懐かしいビジュアルからは想像できないコダワリの絶品ラーメン

一元堂の笠置ラーメンは化学調味料を使わず、100%国産の食材で作られています。

厳選された食材から作ったコダワリのスープは、懐かしい中華蕎麦の見た目からは想像もできない、しっかりとしたコクと旨味を感じることができました。

一元堂は「笠岡ラーメンの魅力と美味しさを地方から全国に」というのがコンセプトだそう。
笠岡ラーメン協会認定店なのに津山市に出店するところからもラーメンへの自信を感じます。

いつか、あなたの街にも鶏拉麺 一元堂がオープンする日が来るかもしれません。

付近のオススメツーリングスポット

岡山県のツーリングスポット

周辺のツーリングスポットをご紹介します。
今回はフォトスポット多めの気ままなぶらりツーリング。

美作やまなみ街道

岡山県赤磐市と津山市を結ぶ全長27.5kmほどの快走路です。
美作と書いて「みまさか」と読みます。

美作やまなみ街道
美作やまなみ街道の気持ちのいい景色

気持のいい高原ルートで、タイトなコーナーは少ないのでのんびり走るのにピッタリ。

美作やまなみ街道の看板

立ち寄りスポットは特にありませんが、交通量は少なく信号もないので、並走する国道53号線や県道26号線の代わりに選んでみてはいかがでしょうか。

絹掛の滝

国道180号線を走っていると突如現れる落差50mの細長ーい滝
インパクトがあったので、思わずUターンをして立ち寄りました。

絹掛の滝

絹掛けの滝の上に2段の滝があって全長は60mに達します。
細長ーいですが、高さがあるので迫力は十分。

絹掛の滝の石碑

絹掛の滝の名前の由来は、岩肌に白絹を掛けたように優雅で気品のある様子から。

駐車場が広く、トイレや自動販売機があるので休憩にもオススメ。

羽山第2トンネル

インパクトといえば、このトンネルを忘れてはいけませんね。

羽山第2トンネル

県道300号にある羽山第2トンネルは天然の鍾乳洞を利用した手彫りのトンネルで、ロッククライミングができるスポットとしても有名です。

羽山第2トンネルの鍾乳洞

掘ったそのままの素掘りのトンネルとして有名でしたが、2023年に補修工事が行われました。
とはいえ、今も変わらず異様な景色が楽しめます。

羽山第2トンネルの反対側

入り口と出口で表情が変わるところも面白い。

県道300号線は幅1車線、路面もきれいとは言えないなので、運転には注意してください。

勝山の町並み保存地区

最後は「のれんの町」こと勝山の町並みです。

勝山の町並み保存地区

軒先の暖簾(のれん)はひのきの草木染で、素朴で優しい色使いが町の雰囲気にも合っていてステキ。

勝山の町並みにある「ひのき草木染織工房」が仕掛け人らしく、工房内では暖簾はもちろん、コースターなどの小物も販売しています。

勝山の町並み保存地区 藤原モータース

暖簾のデザインはさまざまで、見て回るだけでも楽しい町でした。

勝山の町並み保存地区 御前酒の蔵元辻本店

そしてこの町には御前酒で有名な酒蔵、蔵元辻本店があります。
御前酒の名前の由来は勝山藩御用達の献上酒だったことから。

勝山の町並み保存地区 商店街の檜舞台

のれんの町のすぐ横にある商店街は、ひのきで組まれたアーケードが良い雰囲気。
バイクを降りて散策してみませんか?

近いのにあまり走ったことが無かった岡山県。
思った以上に楽しいスポットが多かったので、もっと早くツーリングをすればよかったと後悔しました。
近畿地方はくまなく走り回っている気でいましたが、まだまだ走っていない場所ってあるものですね。

みなさんも意外と走っていない場所ってありませんか?

店舗情報

店 舗 名一元堂
公式サイトhttps://ichigendou.weebly.com/
https://www.instagram.com/ichigendou.ramen/
住 所〒708-0825 岡山県津山市志戸部706−1 常磐ビル 1F
電話番号0868-35-3600
予 約不可
営業時間昼:11:00~15:00(L.O.14:30)
夜:17:00~20:30(L.O.20:00)
定 休 日昼:不定休
夜:毎週月・水曜日
その他:売切れ次第閉店
席 数20席
駐 車 場お店の前の平面駐車場
※投稿時点の情報です。

バイクの駐車場所

バイク専用の駐車場はありませんでした。

ツーリングスポット情報

美作やまなみ街道
道中にトイレ、売店などはありませんでした。

絹掛の滝
駐車スペースは舗装され、きれいなトイレ、自動販売機が設置されています。

羽山第2トンネル
駐車スペースは未舗装ですが2か所あります。
滑りやすく段差もあるので駐車時は注意してください。
トイレ、自動販売機はありません。

勝山の町並み保存地区
無料駐車場、休憩所、トイレ、自販機完備

コメント

タイトルとURLをコピーしました